メディカルセミナージャパンは東京エリアで年間70本以上のセミナーを開催中!

【応募を締め切りました】急変看護セミナー!急変予測・対応のアセスメントに強くなる!看護セミナー2017/11/21【東京】

 【応募を締め切りました】

急変予測のアセスメントに強くなる!

~重篤に陥った時の急変時対応を踏まえて~

★最新のセミナー情報は下記から★

メディカルセミナージャパン

https://medical-seminar.jp/

概要

急変の対応は、看護師の患者さんの様子が

「いつもと違う…」「何か様子がおかしい…」と気づく(KIDUKI)ところからすべてが始まります。基礎的なフィジカルアセスメントを含めて、あなたはその後どのような行動をとりますか?

急変発生時、看護師は「すでに生命が危ぶまれるほどの緊急事態」なのか、「このまま様子をみると生命の危機的状況に陥る状態」にあるのか、この2つを瞬時に判断し対応することが必要です。

そして急変した患者の予後は「対応」の質(急変への気付きとそのタイミング、応援の有無、対応のスピード、円滑で適切な処置)により大きく左右されます。

しかし、私たちが遭遇する「急変!」の大多数は、急変するもっと、ずっと前から悪化のサインが出ているのです。

そのサインを見逃さなければ、急変ではなく、悪化というゆるやかな病態の変化につながり、早い段階で様々な介入ができます。

このセミナーでは、急変してしまう重症化のサインがどのようなものなのかを理解し、サインをみつけたらどうすればよいのか、それでも急変してしまったらどうすればよいのかを学びます。


 セミナー開催日時・場所

【 日 時 】

2017年11月21日 (火)

開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:30

【 会 場 】

高田馬場アクセス12階 大会議室

【 住 所 】

東京都 新宿区西早稲田2−20−15

高田馬場アクセス12階 [地図]

【 最寄駅 】

副都心線 西早稲田駅

出入口1 徒歩1分

【 定 員 】

80名

【 受講料 】

9,720円(税込)

【 主 催 】

カナエル株式会社

受講料はセミナー開催日の1週間前までに銀行振込にてお支払いください。振込手数料はお客様におきましてご負担をお願いします。

期間を過ぎてもお振込が確認できない場合にはキャンセルされたものとし、キャンセル待ちの方を繰り上げ受付登録させていただきます。

【 振込先 】

みずほ銀行 本郷支店

普通 2961255

名義 カナエル(カ


プログラム

1.KIDUKIとSBAR

何か変?!と気づいたらどうすればいい?

報告のポイント

2.急変予測アセスメント

急変しやすいのはどんな人?

重症化のサインとその見分けかた

3.急変予測に必要な

バイタルサインとモニタリングの知識

バイタルサインを読み取ろう!

4.急変時対応に必要な処置と看護

急変時に行う処置を知ろう

5.症状と事例で見る急変対応

こんなときどうする?

実際の症例から急変時対応を学ぼう

こんな方にお勧め

急変に自信がない、患者さんの状態をアセスメントするポイントが分からないと不安に感じながら日々の看護にあたっていることはありませんか?

新人さんからプリセプター世代の方を対象に、気づくためのポイント、報告のポイントを踏まえてお話していくセミナーです。

PDFファイルからFAXにてお申込みをご希望される際は

こちらのセミナー案内をダウンロードしてください。


講師紹介

所属 昭和大学病院 呼吸器センター

杉野 亜紀 / すぎの あき

【プロフィール】

2003年

昭和大学病院 ICU所属

2009年

横浜市昭和大学病院北部病院ICU所属

集中ケア認定看護師取得

2011年

昭和大学病院 HCU所属

2013年

昭和大学附属東病院神経内科病棟所属

2015年

昭和大学病院 呼吸器センター所属

【資格】

集中ケア認定看護師

呼吸療法認定看護士

透析技術認定看護士


【メディカルセミナージャパン】

多くの研修会・セミナーを開催中!

ICU・CCU・HCU・集中治療室・クリティカルケア、認知症ケア、 モニター指標、心電図、感染対策、急変看護、人工呼吸器、 心臓血管外科術後管理、脳神経・呼吸器・循環器フィジカルアセスメント、 ターミナルケア、精神訪問看護、訪問看護の多職種連携、在宅、 など多数あり!

メディカルセミナージャパン」の

最新情報は下記より

★★ https://medical-seminar.jp/ ★★

随時更新中!