メディカルセミナージャパンは東京エリアで年間70本以上のセミナーを開催中!

2018/12/21 がん患者さんへの緩和ケア~ こんな症状に困りませんか? ~看護師セミナー【東京】

1221

がん患者さんへの緩和ケア
~ こんな症状に困りませんか? ~

【受付は終了しました】

★最新のセミナー情報は下記から★

メディカルセミナージャパン

https://medical-seminar.jp/


概要

セミナーの簡単な紹介がんを患う方がどんどん増えていくこの頃。どの様な臨床の場においても、「緩和ケア」は非常に大切な要素になっています。がんによる症状で苦しむ患者さんを目の前にして、特に身体症状を何とかしてあげたいと思う事は多いと思います。そのジレンマを少しでも軽減できる事を願って、今回は緩和ケアの中でも「症状コントロール」に焦点を当ててお伝えしていきます。


セミナー開催日時・場所

【 日 時 】

2018年12月21日 (金)

開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:40

【 会 場 】

高田馬場アクセス12階 大会議室

【 住 所 】

東京都 新宿区西早稲田2−20−15

高田馬場アクセス12階 [地図]

【 最寄駅 】

副都心線 西早稲田駅

出入口1 右折60m 徒歩1分

【 定 員 】

50名

【 受講料 】

1名様/9,720円(税込)

【 主 催 】

カナエル 株式会社

【 振込先 】

みずほ銀行 本郷支店

普通 2961255

名義 カナエル(カ

※2018年10月1日より運営会社が変更になりました。

受講料はセミナー開催日の1週間前までに銀行振込にてお支払いください。振込手数料はお客様におきましてご負担をお願いします。


プログラム

⒈誰もが一度は悩む、「疼痛コントロール」

・まずはアセスメントをしてみよう
〜的を得た質問をするとその時のニーズが理解できる〜

・疼痛コントロールのバリエーションを持とう
〜鎮痛補助薬、ステロイド、抗不安薬も疼痛コントロールの強力な武器〜

⒉患者さんが結構つらい、「消化器症状」

・イレウスによる症状をどうにかしたい
・結構多い、腹水について~腹水穿刺は本当に有効?~
・極めつけの便秘!便秘は諸悪の根源である〜食欲不振だけでなく下手したらイレウスになるかも…〜

3.「息が苦しい」考えただけでもこっちも苦しい「呼吸困難」

・「呼吸困難」のメカニズムを知ろう
・どうやってコントロールするか~具体的な症状コントロールの方法~
・「呼吸困難」に対して看護師ができるケア
〜薬だけが解決できるわけじゃない、看護師の手でできる事〜

4.まだまだある!こんな症状にも実は困る

・「全身倦怠感」は結構やっかい者
・「自壊創」どうしてますか?
・「せん妄」は予防できるならしたい症状の一つ
・「食べたい」を叶えるために~「お口の症状」見逃さないで~

こんな方にお勧め

・がん患者さんに関わられている方
・がん患者さんの症状コントロールに興味のある方
・急性期、慢性期の病棟にお務めで、がん患者さんの症状
コントロールにお悩みの方
・在宅ベースでがん患者さんの症状コントロールを実践したい方

前回の受講者様のご感想はこちら


【 講師紹介 】

【所属】 株式会社アンビス 医心館

     事業戦略本部   地域連携部

【講師】 霜中 貴美

【プロフィール】

2003年筑波大学医療技術短期大学部卒業後、筑波メディカルセンター病院がんセンターにて勤務。茨城県から神奈川県に移住後、総合病院の緩和ケア病棟で勤務。
新人の頃より抱いていた「緩和ケア認定看護師になりたい!」希望を叶えるべく、緩和ケア認定看護師教育課程との両立を図るため、訪問看護に足を踏み入れる。
在宅での緩和ケアの現状を知り、病院でも在宅でも同じように患者さんの抱える「つらさ」を軽減したいと考え、日々様々な事を模索中。

【資格】

緩和ケア認定看護師
介護支援専門員


【メディカルセミナージャパン】

多くの研修会・セミナーを開催中!

ICU・CCU・HCU・集中治療室・クリティカルケア、認知症ケア、 モニター指標、心電図、感染対策、急変看護、人工呼吸器、 心臓血管外科術後管理、脳神経・呼吸器・循環器フィジカルアセスメント、 ターミナルケア、精神訪問看護、訪問看護の多職種連携、在宅、 など多数あり!

メディカルセミナージャパン」の

最新情報は下記より

★★ https://medical-seminar.jp/ ★★

随時更新中!


お申し込み

*は必須項目です

参加人数*