メディカルセミナージャパンは東京エリアで年間70本以上のセミナーを開催中!

2019/1/25 誤嚥性肺炎予防における摂食嚥下ケア 〜安全に美味しく食べ続けるために看護師ができること〜看護師セミナー【東京】

125

誤嚥性肺炎予防における

摂食嚥下ケア

〜安全に美味しく食べ続けるために

看護師ができること〜

 

概要

皆さんは食事介助中に患者様がむせて、怖い思いをした経験はありませんか?「誤嚥」と頭に付けられるとどうしても『食べる事が危険』と判断され禁食となり、摂食嚥下機能がさらに低下→より誤嚥のリスクが高まる→食べられない…と負のループに陥る現状が多くあるのではないかと思います。本セミナーでは24時間患者の側にいる看護師だからこそ行える、誤嚥リスクのアセスメントと誤嚥予防策として口腔ケア、リハビリ、食事介助、栄養管理の観点を中心にお伝えします


セミナー開催日時・場所

 

【 日 時 】

2019年1月25日 (金)

開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:40

 

【 会 場 】

高田馬場アクセス12階 大会議室

 

【 住 所 】

東京都 新宿区西早稲田2−20−15

高田馬場アクセス12階 [地図]

 

【 最寄駅 】

副都心線 西早稲田駅

出入口1 右折60m 徒歩1分

 

【 定 員 】

50名

 

【 受講料 】

1名様/12,000円(税込)

 

【 主 催 】

カナエル 株式会社

 

【 振込先 】

みずほ銀行 本郷支店

普通 2961255

名義 カナエル(カ

※2018年10月1日より運営会社が変更になりました。

 

受講料はセミナー開催日の1週間前までに銀行振込にてお支払いください。振込手数料はお客様におきましてご負担をお願いします。

 


 

プログラム

 

⒈今更聞けない、なぜ誤嚥性肺炎を発症するのか?

〜誤嚥性肺炎の基礎知識〜

 

1)誤嚥性肺炎とは?

2)誤嚥性肺炎を発症する様々な要因を知って「とりあえず禁食!」
を失くそう

3)ベッドサイドでできる誤嚥リスクアセスメント
…観察のポイントを知る

 

 

⒉看護師ができる誤嚥性肺炎の予防策

 

1)口腔保整しながら食べる力を高める口腔ケアの実践!
…器質的口腔ケアと機能的口腔ケア

2)ながらリハビリのススメ…看護ケアをしながら
リハビリを効率的に実践しよう

3)体力や食べる力を落とさないために栄養評価の方法と
栄養管理方法を知り実践しよう

4)誤嚥を予防するためのポジショニングとは?

 

 

3.誤嚥リスクを最小限に留める食事介助スキルを磨く!

 

1)患者に応じた食形態の選択

2)むせやすい水分や内服はどう介助するか?

3)誤嚥リスクを考慮した食事環境調整、姿勢調整、
食事介助技術を身につけよう

 

こんな方にお勧め

・病院、施設、在宅…どんな環境でも
・高齢患者さまのケアに興味がある方や関わりが深い方
・摂食嚥下ケア、口から食べる支援に興味がある方
・1年目〜看護ケアに自信をつけたい方
・自施設のスタッフへ指導を行いたいとお考えの方

 

 


【 講師紹介 】

 

【所属】 日本医科大学多摩永山病院

 

【講師】 石森 愛弓

 

【プロフィール】

 

【略歴】

2005年 日本医科大学多摩永山病院
脳神経外科・混合外科病棟入職

2014年 摂食・嚥下障害看護認定看護師認定取得

 

【資格】

摂食・嚥下障害看護認定看護師


【メディカルセミナージャパン】

多くの研修会・セミナーを開催中!

 

ICU・CCU・HCU・集中治療室・クリティカルケア、認知症ケア、 モニター指標、心電図、感染対策、急変看護、人工呼吸器、 心臓血管外科術後管理、脳神経・呼吸器・循環器フィジカルアセスメント、 ターミナルケア、精神訪問看護、訪問看護の多職種連携、在宅、 など多数あり!

 

メディカルセミナージャパン」の

最新情報は下記より

★★ https://medical-seminar.jp/ ★★

 

 

随時更新中!


 

お申し込み

*は必須項目です

参加人数*