メディカルセミナージャパンは東京エリアで年間70本以上のセミナーを開催中!

応募を締め切りました 精神科 訪問看護(在宅)と多職種連携の【東京】 看護セミナー2018/1/21

精神科 訪問看護と多職種連携

応募を締め切りました。

★最新のセミナー情報は下記から★

メディカルセミナージャパン

https://medical-seminar.jp/

概要

2014(平成26)年から精神科訪問看護指示書で実施する訪問看護は、65歳以上の高齢者でも、必要な医療の一環として医療保険の訪問看護が可能となりました。そのため「精神科訪問看護」を行うためには精神科看護の経験または指定された研修を受ける事が必要になります。現在では多くの看護師が研修を受け「精神科訪問看護」を行っています。

しかし業務を続ける中で「精神疾患の方にどう対応していいか」と悩んでいる人が多いのも事実です。「精神疾患の方は傷つきやすいので伝え方が難しい」「キャンセルが多い」

などの訪問時の悩み。「電話が長い」「電話が頻回」「どのような連携ができるのか」など訪問以外での対応についての苦労。

これらの悩みに対して、精神科領域で長年第一線で働いてきた看護師・精神保健福祉士が、現場での経験をもとにした講義とグループワークを行います。日頃の悩みを解消して、明日から楽しく訪問ができるセミナーにしたいと思います。


 セミナー開催日時・場所

【 日 時 】

2018年1月21日 (日)

開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:30

【 会 場 】

高田馬場アクセス12階 大会議室

【 住 所 】

東京都 新宿区西早稲田2−20−15

高田馬場アクセス12階 [地図]

【 最寄駅 】

副都心線 西早稲田駅

出入口1 徒歩1分

【 定 員 】

80名

【 受講料 】

9,720円(税込)

【 主 催 】

カナエル株式会社

受講料はセミナー開催日の1週間前までに銀行振込にてお支払いください。振込手数料はお客様におきましてご負担をお願いします。

期間を過ぎてもお振込が確認できない場合にはキャンセルされたものとし、キャンセル待ちの方を繰り上げ受付登録させていただきます。

【 振込先 】

みずほ銀行 本郷支店

普通 2961255

名義 カナエル(カ


プログラム

精神科訪問看護の実際

・精神疾患別の対応:統合失調症・双極性障害・依存症・人格障害など

・症状悪化を防ぐために

・家族への対応

・電話対応

・多職種との連携

多職種連携について

・多職種による訪問の意味と効果

  1. 医師
  2. 作業療法士
  3. 精神保健福祉士
  4. 臨床心理技術者(心理士)
  5. ピアスタッフ
  6. その他

・実践事例から見る他職種連携・協働

・多職種による訪問の魅力

グループワーク

・自分の抱えているケースについて話してみませんか

・グループ発表・全体化・質疑応答

こんな方にお勧め

精神障害の方への訪問で悩んでいる方

解決方法を捜している方

病院の精神科看護師も受講可能な内容です。

PDFファイルからFAXにてお申込みをご希望される際は

こちらのセミナー案内をダウンロードしてください。


講師紹介

中嶋 康子

【プロフィール】

所 属

NPO法人多摩在宅支援センター円

理事長

訪問看護ステーション珊

所長

【資 格】

看護師

精神保健福祉士

【略 歴】

1985年

国立国府台病院付属看護学校卒

千葉県精神科医療センター・社会福祉法人コメットなどを経て

2005年

NPO法人多摩在宅支援センター円勤務


講師紹介

添田 雅宏

所 属

NPO法人多摩在宅支援センター円

資 格

精神保健福祉士

略 歴

平成元年4月~平成13年12月

社会福祉法人多摩棕櫚亭協会

平成14年1月~平成18年10月

NPO法人自立生活センター立川

地域生活支援センターパティオ

平成19年4月~平成20年3日

陽和病院

平成19年4月~平成27年3日

日本社会事業大学

平成27年4月~現在

NPO法人多摩在宅支援センター円


【メディカルセミナージャパン】

多くの研修会・セミナーを開催中!

ICU・CCU・HCU・集中治療室・クリティカルケア、認知症ケア、 モニター指標、心電図、感染対策、急変看護、人工呼吸器、 心臓血管外科術後管理、脳神経・呼吸器・循環器フィジカルアセスメント、 ターミナルケア、精神訪問看護、訪問看護の多職種連携、在宅、 など多数あり!

メディカルセミナージャパン」の

最新情報は下記より

★★ https://medical-seminar.jp/ ★★

随時更新中!