メディカルセミナージャパンは東京エリアで年間70本以上のセミナーを開催中!

2019/2/8 「いつから」「どんなケアをすればいい?」~ターミナル期の患者さんへの支援~看護師セミナー【東京】

208

「いつから」「どんなケアをすればいい?」

~ターミナル期の患者さんへの支援~

 

概要

近年がんの患者さんは2人に1人とされています。また、がんで亡くなる方は3人に1人。今までは病院、緩和ケア病棟で看取りが行えていましたが、これからは在宅や施設での看取りが増えてきます。それが当たり前の時代になります。だからこそ、がんの患者さんの理解を深め、普段の実践に活かせるようにしていきませんか。

 


セミナー開催日時・場所

 

【 日 時 】

2019年2月8日 (金)

開始:10:00 | 終了:16:00 | 開場:09:40

 

【 会 場 】

高田馬場アクセス12階 大会議室

 

【 住 所 】

東京都 新宿区西早稲田2−20−15

高田馬場アクセス12階 [地図]

 

【 最寄駅 】

副都心線 西早稲田駅 徒歩1分

出入口1 右折60m

 

【 定 員 】

50名

 

【 受講料 】

1名様/12,000円(税込)

 

【 主 催 】

カナエル 株式会社

 

受講料はセミナー開催日の1週間前までに銀行振込にてお支払いください。振込手数料はお客様におきましてご負担をお願いします。

 

 

【 振込先 】

みずほ銀行 本郷支店

普通 2961255

名義 カナエル(カ

※2018年10月1日より運営会社が変更になりました。

 


 

プログラム

 

⒈がんの「ターミナル期」とは

 

・ところで「ターミナル期」の定義って?
・積極的治療の効果が見られなくなった時…
どう伝える?それとも伝えない?
・意思決定支援の重要さ ~でも、人の気持ちは変わるんです~

 

 

⒉進む症状に対しての対症療法

 

・疼痛
・悪液質
・腹水
・嘔気、嘔吐など

 

 

3.気持ちを支えるケア

 

・がんが発見されてから患者さんが手放してきたもの
・ターミナル期になって、もっと手放さなければならなくなるもの

●ワーク:~実際、疑似喪失体験をしてみましょう~

 

 

4.ご家族に寄り添う~これからも生きていくご家族の背中に手を添える~

 

・ご家族の覚悟を知る
・ご家族自身の支えとなるもの~「ケア」をする~
・最期の最期を嫌な思い出にしないために工夫する事

 

 

こんな方にお勧め

 

・病院、訪問看護、
施設でのがん患者さんのターミナルケアに悩まれている方
・ 具体的にターミナルケアとは何かを学びたい方

 

 

【 講師紹介 】

 

【所属】 株式会社アンビス 医心館
事業戦略本部   地域連携部

 

【講師】 霜中 貴美

 

【プロフィール】

 

【略歴】

2003年筑波大学医療技術短期大学部卒業後、筑波メディカルセンター病院がんセンターにて勤務。茨城県から神奈川県に移住後、総合病院の緩和ケア病棟で勤務。
新人の頃より抱いていた「緩和ケア認定看護師になりたい!」希望を叶えるべく、緩和ケア認定看護師教育課程との両立を図るため、訪問看護に足を踏み入れる。
在宅での緩和ケアの現状を知り、病院でも在宅でも同じように患者さんの抱える「つらさ」を軽減したいと考え、日々様々な事を模索中。

 

 

【資格】

緩和ケア認定看護師
介護支援専門員


 

【メディカルセミナージャパン】

多くの研修会・セミナーを開催中!

 

ICU・CCU・HCU・集中治療室・クリティカルケア、認知症ケア、 モニター指標、心電図、感染対策、急変看護、人工呼吸器、 心臓血管外科術後管理、脳神経・呼吸器・循環器フィジカルアセスメント、 ターミナルケア、精神訪問看護、訪問看護の多職種連携、在宅、 など多数あり!

 

メディカルセミナージャパン」の

最新情報は下記より

★★ https://medical-seminar.jp/ ★★

 

随時更新中!


 

お申し込み

*は必須項目です

参加人数*